バイク買取

バイク買取の検索

バイク買取100
 バイク買取100は、全国にあるバイク買取の店舗一覧をはじめ、バイク買取店の種類、バイクを高く買取してもらうコツ、排気量別の状況、バイクの種類別における買取状況、買取時の手続き方法などのバイク買取情報サイトです。

バイク買取の店舗登録数:182

バイク買取の店舗登録(無料)
 

 

 
バイク買取100

バイク買取100は、都道府県・市町村別にバイク買取 店舗を検索可能

バイク買取の検索

バイクの買取を行う店舗を都道府県・市町村別に検索可能

北海道・東北

  北海道(0)|青森県(0)|岩手県(0)|宮城県(0)|秋田県(0)|山形県(0)|
福島県(0)|

関東

  東京都(0)|埼玉県(0)|神奈川県(0)|千葉県(0)|茨城県(0)|栃木県(0)|
群馬県(0)|

信越・北陸

  新潟県(0)|富山県(0)|石川県(0)|福井県(0)|

中部・東海

  山梨県(0)|長野県(0)|愛知県(0)|三重県(0)|岐阜県(0)|静岡県(0)|

近畿

  大阪府(0)|兵庫県(0)|京都府(0)|奈良県(0)|滋賀県(0)|和歌山県(0)|

中国

  鳥取県(0)|島根県(0)|岡山県(0)|広島県(0)|山口県(0)|

四国

  徳島県(0)|香川県(0)|愛媛県(0)|高知県(0)|

九州・沖縄

  福岡県(0)|佐賀県(0)|長崎県(0)|熊本県(0)|大分県(0)|宮崎県(0)|
鹿児島県(0)|沖縄県(0)|

バイク買取の登録数:182

 

バイク買取100について

日本におけるバイク業界

 最近のバイク販売台数は復調の傾向があるようです。バイク人口は1980年代をピークに年々下がり続け、今ではピーク時の5分の1という状況です。1985年がピークで国内販売台数が200万台だったのですが、2009年はわずかに40万台です。当時の200万台のうちの160万台は50ccの原付スクーターでした。

 当時は、原付バイクにはヘルメットが義務化されていない時期でまだまだ規制の厳しくない時代だったのです。それが社会問題化した暴走族の取り締まりに単を発してバイク事態に対する締め付けが厳しくなり、現在の状況になりました。

 現在は、消費の中心である若者の意識も変わり、若者はバイクばかりか車にも乗らないようになったのです。しかし昨今の環境意識の高まりと、エコカーブームなどでバイクへの関心も高まってきたようです。なによりも世界のトップを走る日本のバイクメーカーも国内向けに魅力あるバイクを投入しているのも心強いです。

 また、ガソリンの価格が高騰しています。ガソリン価格が高騰するたびに自転車やバイクへの注目度が高まりますが、燃費に関して言えば確かに原付スクーターなどの125ccクラスのバイクまでは燃費がいいといえます、それでも燃費はリッター30キロを超えるくらいで、ハイブリッドカーのカタログ値と大差のないところまできています。今後は燃費がいいからという理由でのバイク選びは少なくなるかもしれません。

 それでも維持費はまだまだバイクのほうが桁違いに安いのでこの部分ではお得です。バイクは車以上に愛好者が多いので、実は中古車市場がとても元気です。テレビでCMを流している大手もいますし、ネット上でもさまざまな バイクの買取業者がいます。もちろん地元のバイク屋さんやメーカーと直結しているバイクディーラーも中古車の買い取りには熱心です。バイク業界は、新車販売だけではなく中古市場にも力をいれて、すそ野であるバイク人口を増やすことが先決なのは業界の生き残りに取ってもっとも大切なことなのです。

 

思い入れのあるバイク

 長年乗りなれたバイクには愛着があるものですが、様々な問題でバイクを手放さないといけない事情が出てきます。引っ越し先に置き場が無い場合、加齢などでバイクを降りる場合、経済的な事情、下取りではなく買い取ってもらった資金で別のバイクを購入する場合などが多くあります。

 いずれにしてもメンテナンスを十分にして、日々の手入れに余念がなくても、月日と共にバイクは動かなくなります。バイクは体がむき出しになるので走行に不安なバイクは命に関わる場合もあるでしょう。そのためにも古いバイクは買取りしてもらうほうがいいです。

 中には思い入れが強すぎて乗らないまでも家の片隅に保管している人もいます。しかしいずれは粗大ごみとなってしまうので、どこかのタイミングでバイクを買取して処分するべきでもあります。

 バイクは販売台数が元々少なく人気車以外の場合で年式の古いバイクはむしろ希少で、基本の査定額以上に高値で取引される場合があります。中にはそのバイクのこの部品だけ、またはエンジンのみ欲しい人が高値で探している場合もあります。

 基本的には手続のわずらわしさもありますので、バイクディーラーやバイクショップ、ネットなどで有名な買取専門業者などへ売却するのもひとつです。ただ、乗っているバイクの希少性や愛着度を考えてくれるお店はバイクディーラーや地元のバイク屋さんが最適です。バイク談議をしながら査定をしてもらい買取をしてもらいましょう。

 

思い入れのあるバイクを売却

 バイクの年間の販売台数の中で半分以上、平均して7割以上が原付スクーターです。この割合は200万台以上バイクが売れていた1980年代でも、40万台も売れなくなった現在でも割合は変わりません。それだけ、巷には原付スクーターが溢れているということになります。

 しかし、便利と思って買ったスクーターも30キロ制限や2段階右折、非力なパワーなど、乗ってみると思いのほか使い勝手の悪さに気がつきます。そして夏は暑く汗はダラダラ、冬は寒くて運転操作にも支障をきたしそうです。

 そんな原付スクーターのメリットは一にも二にも維持費の安さでしょう。自賠責保険はそれなりにかかりますが、一度支払いすれば、支払った値段によって3年でも5年でも有効です。税金も年間1200円と安いです。

 点検も必要ですが義務というよりもチェックする機関がありませんから、何もしなくても載り続けることができます。逆にその維持費の安さも手伝って放置スクーターというのも多いのです。乗らなくてもいつか乗るかもしれないといって庭の片隅などに放置されている原付スクーターは日本全国で100万台近くあるともいわれているのです。

 最近では原付スクーターに限っては、廃品回収車が回収に巡回しています。程度がよい可動車であれば東南アジアなどに売却でき、動かなければ部品を回収して利益を出すことができます。

 廃品回収車に持っていってもらうよりは手間はかかりますがもう一度しっかりと点検をして、ディーラーなどの買取査定を受けましょう。

 

バイク情報サイト一覧

バイク関連

NMCA日本二輪車協会
NMCA日本二輪車協会は、バイクの楽しさと利便性・有用性を追求し、利用環境整備やイメージアップに取り組んでいます。規制緩和、通行禁止解除、バイク駐車場、中古二輪車査定士制度、子どもバイク教室、会員販売店、ユーザーの声。
全国二輪車安全普及協会
全国二輪車安全普及協会は、二輪車を利用する人たちの安全を確保し、安全で快適な二輪車の利用を促進するため、グッドライダーミーティングをはじめ二輪車の安全運転普及活動を推進しています。また、二輪車の盗難予防、被害の回復を図るため、グッドライダー・防犯登録制度や二輪車盗難照会制度を警察の指導を受けて全国規模で推進している団体です。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
 
 

 

 

バイク買取情報

バイクの買取と査定

バイク買取
バイク買取の相場
バイク買取時に必要な物
バイクの買取と下取りの違い
バイクの装備品
過走行バイクの買取
バイクの車検

バイク買取店の種類

全国展開している専門業者
バイクディーラー
バイクショップ
バイクオークション

バイクを高く買取してもらうコツ

査定前のバイク洗車
バイクのメンテナンス
バイクの純正部品
バイクの傷
バイクの事故歴と修復歴
バイクのモデルチェンジ
絶版車のバイク買取
人気車のバイク買取

排気量別のバイク買取

50cc
51cc〜125cc
126cc〜250cc
251cc〜400cc
400cc〜

種類別におけるバイク買取

スクーター
オフロードバイク
ネイキッドバイク
スポーツバイク
ツアラーバイク
 

バイク買取のサイト登録申請

バイク買取100では、バイク買取のご登録をお待ちしております。市区町村別の地域別検索が可能なため、バイク買取を検索される方へ高いアプローチが見込めます。

バイク買取100

バイク買取の店舗登録(無料)
 
 
 
 
バイク買取100について
・バイク買取100は、バイク買取の提供を目的としています。バイク買取のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT

バイク買取100

バイク買取100は、全国にあるバイク買取の店舗一覧をはじめ、バイク買取店の種類、バイクを高く買取してもらうコツ、排気量別の状況、バイクの種類別における買取状況、買取時の手続き方法などのバイク買取情報サイトです。
運営組織概要 免責事項 リンク
 
 

Copyright (C) 2013-2014 バイク買取100 All rights reserved.